女性弁護士のきらきらブログ

2019年05月20日 | お知らせ, 事務所

おでむかえー2019初夏

さわやかな風が心地よい季節となりました。

千葉市内では運動会も開催されているようですね。

 

手先の器用な事務局さんが、

カウンターの上に初夏らしい装飾を作ってくれました♪

葉っぱの傘を持って皆さまをお出迎えしています。

 

 

 

 
2019年05月07日 | お知らせ, 事務所

令和

令和元年 おめでとうございます。

事務所の大会議室も「令和」でおめかしです。

 

 

 
2019年04月22日 | 中溝明子

ふたりのおかあさん

こんにちは。すっかり春らしい陽気になりました。

こんな陽気にぴったりの心が温かくなる絵本を頂きましたので

ご紹介いたします。

 

「ふたりのおかあさん」

作・絵 鎌倉女子大学「家族のつながり」ゼミナール

特別養子縁組で結ばれた親子と家族の絆を描く素敵な絵本です。

鎌倉女子大学児童学部児童学科の富田庸子先生が指導担当をされている

「家族のつながりゼミナール」の学生さんが作った絵本。

物語も絵もすべてゼミナールの活動の中から生まれた作品で、

主人公の「みらいちゃん」が、産みの親からも育ての親からも愛され、穏やかに温かく暮らしている様子が描かれています。

 

「家族のつながりゼミナール」は

特別養子縁組を支援する民間団体「認定NPO法人環の会」が協力を頂きながら

勉強されているそうです。

環の会では、特別養子縁組をした子どもたちに、その出自を伝えることを

「真実告知」ではなく、「テリング」

つまり、日常の中で、その子の出自について伝えて続けていくことと考えています。

以前、環の会のシンポジウムで育ての親さんがどうやってテリングを実践しているかを伺う機会があったのですが、育ての親さんたちのお話を聞いて、

テリングというのは、その子の出自も含め、全てを愛しているよというメッセージなのだなぁ

と感じました。

真実告知という言葉にとらわれ、堅苦しく考えていた私には目から鱗のお話でした。

 

今、特別養子縁組制度については、対象年齢を拡大するなどの見直し案が出されているところですが、制度上の問題だけではなく、家族の在り方そのものについて、私たちは考えてみる必要があるのかも知れません。

 

 

※この絵本は当事務所の待合スペースに配架しております。

事務所に起こしの際には是非お手にとってご覧下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 
2019年01月23日 | 中溝明子

ラジオに出演します!!

少々気恥ずかしいお話なのですが、友人からの紹介で
ラジオに出演いたしました。
ほんの数分ですが…

ラジオ日本 の朝番組
Hello! I,Radio

9時40分過ぎころから放送される
「アナタの隣の働く女神」のコーナーです。

もうすでに3回分は終わってしまいましたが、

radikoのタイムフリーで聴けるようです。

 

弁護士を目指したこと、私が理事をしている子どもシェルターのこと

日常のことなど、インタビューにお答えする形でお話をしたのですが、

私が一人でお話しているように編集しての放送です。

 

早口になってしまい反省するばかりですが、

もしよろしければお聞き頂けますと幸甚です。

 

 
2019年01月08日 | お知らせ

第72期司法修習生

久しぶりの更新となりました。

 

久しぶりに中溝が司法修習担当を引き受けることとなり、

1月7日から2月28日まで

第72期司法修習生が当事務所に配属されることとなりました。

 

ただいま、素敵な女性修習生が事務所で弁護修習に励んでおります。

 

打ち合わせや裁判期日などに同行をお願いすることとなりますが、

何卒ご理解ご協力頂けますようお願い申し上げます。

 

 
2018年02月13日 | 大久保佳織

今日からはじまります

毎日寒い日が続いていますね。みなさま体調など崩されていませんか?

先週末からは冬季オリンピックも始まりましたね。

時差がないので今回はリアルタイムの観戦が楽しめそうです。

 

さて、今日はお知らせです。

今日から千葉地方・家庭・簡易裁判所庁舎で入庁時所持品検査が始まりました。

すでに東京地裁など数カ所の裁判所では行われてきましたが、千葉でも今日から始まります。

具体的には金属探知機の設置と手荷物の開披だそうで、よく空港の保安検査場などで見かけるようなゲートをくぐる検査と係員による目視での手荷物チェックです。

 

検査が導入された影響で、時間帯によっては入り口付近が込み合う場合があるかもしれません。

これから裁判所をご利用になる方は時間に余裕をもってお出かけくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
2018年01月22日 | 大久保佳織

平成30年!

ご無沙汰しております。
まもなく1月が終わろうとしていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

今日は関東でも雪が降るとか!
千葉市内はまだですが、県内ではすでに降っているところもあるのでしょうか。
皆様足元にお気をつけておでかけくださいませ。

 

さて、すでに仕事始めから数週間経過しておりますが、未だになれないのが「平成30年」の表記。
私たちは常に書面で和暦を使用しているのですが、ついつい「平成29年」と入力してしまいそうになります。
まだまだ平成29年から(正月休みボケから?)抜け出せていないようです。

元号が平成になったのはつい最近のことのように思っていましたが、もう30年も経過したなんて、月日が経つのは早いですね。

 

新しい年、しかも平成30年という節目の年を迎え、事務所一同気持ちを新たに今年もより一層精進してまいります。

「弁護士に相談してみようか迷っている」「自分がどうしたらいいかアドバイスがほしい」など、お悩みのまま年を越してしまったという方も是非一度ご相談くださいね。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 
2017年12月26日 | お知らせ

年末年始休業のお知らせ

誠に勝手ながら、当事務所は12月28日(木)午後から1月4日(木)まで休業とさせていただきます。

 

年明けは1月5日(金)10時から通常通り執務を開始いたします。
上記期間中はご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

新年が穏やかで麗しい年となるよう心から祈念いたします。
皆さま、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。

 
2016年03月22日 | 大久保佳織

第26回全国付添人経験交流集会in郡山

すでに一か月以上前のことになりますが、2月6日・7日、毎年恒例の付添人経験交流会に参加してきました。

今回は福島県郡山市。千葉からは新幹線を使ってあっという間です。

1日目は13時から全体会、15時30分から分科会が開始されました。

 

全体会は「弁護士の知らない少女たちの姿~問われる専門家の支援~」というテーマで、一般社団法人Colabo代表理事の仁藤夢乃氏による講演がありました。

夜間巡回等を通じ、弁護士とは違う視点で少女たちを支援する活動を行っておられ、仁藤さんが触れ合う子ども達の生の声を知ることができました。

また、よくニュースで見聞きするJKビジネスがなぜこんなに普及しているのか、何故取り込まれてしまうのか、など非常に興味深い講演でした。

 

その後参加した分科会は、重大事件の事件報告で、川口市の祖父母強盗殺害事件の事例報告とその活動内容についての詳細な報告がありました。

裁判員裁判制度が開始して数年が経ちますが、裁判員に説明することの難しさに加え、少年事件特有の課題も学ぶことができました。

なかなか裁判員事件を担当することはないのですが、新しい事件報告に触れ、刺激を受けました。

 

2日目の分科会は児童福祉法改正について。

ただし、この時点では児童福祉法改正案がまだ出されておらず、弁護士による検討チームの中で検討された改正の議論状況を勉強するというものでした。

委員会の中で、私は児童福祉の分野を担当しているのですが、日常業務ではなかなか扱うことの少ない児童福祉法について、改めて勉強する良い機会になったと同時に、同法の問題点等がよくわかり非常に勉強になりました。

つい先日、児童相談所に「弁護士を配置」という改正法案に関するニュースがありましたが、具体的にどのような形で配置されていくのか、今後も勉強をしていかなければならないと感じています。

 

たくさんの刺激を受けた2日間でした。

持ち帰った知識を、業務に生かしていけるように引き続き頑張ります。

 

最後に鶴ヶ城!

福島ではお天気に恵まれ、鶴ヶ城もとてもきれいでした!

DSC_1686

 

 
2016年03月04日 | 大久保佳織

第69期司法修習生

すっかり春めいた陽気になってきましたね。

事務所は今、春のお花をたくさん飾ってとても良い香りに包まれています☆

 

さて、事後報告となってしまいましたが、

今年度は、私、大久保が司法修習生の修習担当となり、

2月29日より当事務所に

「第69期司法修習生」が配属となっております。

女性ばかりの事務所だからでしょうか。

今年も素敵な女性の修習生をお迎えしました♪

 

司法修習生というのは、

司法試験に合格した後、裁判官・検察官・弁護士になるために研修をしている者です。

裁判期日や法律相談など弁護士に同行して実務修習を行ってなっています。

 

当事務所での修習期間は2月29日から4月21日まで。

この間は、法律相談や調停期日などに司法修習生のご同席をお願いすることがあるかもしれません。

実務家になるための貴重な研修でありますので、

何卒ご理解ご協力を下さいますようお願い申し上げます。

 

なお、司法修習生には、弁護士同様、法律上の守秘義務が課せられておりますので、

修習中に見聞きしたことを外部に漏らすことはございません。

また、司法修習生の立会の了解が得られない場合には、席を外させております。

ご依頼者様のご意思に反して修習生が同行することはございませんので、

ご安心下さいませ。

 

古い記事 »